著者
東田 陽博
出版者
日本DDS学会
雑誌
Drug Delivery System (ISSN:09135006)
巻号頁・発行日
vol.28, no.4, pp.310-317, 2013-09-25 (Released:2013-12-26)
参考文献数
19
被引用文献数
1 1

オキシトシンは脳内に放出され、扁桃体をはじめとする「社会脳」領域を介して社会性行動、特に信頼を基礎とするあらゆる人間相互間活動に影響を与える。オキシトシン遺伝子や受容体、オキシトシンの脳内分泌を制御するCD38などがそれらの機能を司る。オキシトシンの鼻腔単回投与により健常人、自閉症スペクトラム障害者ともに、目を見るなどの対人関係行動の改善や促進があり、連続投与により、社会性障害症状の改善が報告されている。オキシトシンの末梢投与により、オキシトシンは脳脊髄液中や脳内へ移行すると思われるが、まだ十分な証拠はなく、移行の分子メカニズムを含めて、今後の研究が待たれる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 7 favorites)

社会性記憶と自閉症:末梢オキシトシン投与による 症状改善と CD38 の一塩基 ... - J-Stage https://t.co/LGcUlyy4A9 https://t.co/nXBRaP9rsJ
社会性記憶と自閉症:末梢オキシトシン投与による 症状改善と CD38 の一塩基置換(PDF) 2013年 "社会性行動の改善には、末梢に投与されたオキシトシンが脳血 液関門を通過し、脳脊髄液中への移行があると考えられる。" https://t.co/vO8mlld3lh
https://t.co/f2lusigHSW 社会性記憶と自閉症:末梢オキシトシン投与による 症状改善と CD38 の一塩基置換 https://t.co/0Um4QF0Wzm 自閉症の治療薬は?― オキシトシンの可能性 ― https://t.co/w9eE12bkrI

収集済み URL リスト