著者
杉林 堅次
出版者
日本DDS学会
雑誌
Drug Delivery System (ISSN:09135006)
巻号頁・発行日
vol.31, no.3, pp.201-209, 2016-07-25 (Released:2016-10-25)
参考文献数
26

経皮吸収型製剤(TDDS)を多くの薬物に応用するためには、皮膚透過促進技術の利用が必須となる。一方で、最終的な医薬品とするためには、バイオアベイラビリティや吸収速度をあらかじめ予測した値にするため、コントロールドリリースの機能も必要となる。本稿では、TDDSのこの40年の開発研究から、経皮吸収促進剤の利用研究やイオントフォレシスやマイクロニードルなどの物理的吸収促進法の研究までについて紹介する。また、これら吸収促進法との併用により、ようやく本来の意味のコントロールドリリース能を持ち、高いバイオアベイラビリティを有するTDDSの開発が可能になりつつあること、さらにはモノのインターネット(IoT)の概念を導入したTDDSについて述べ、これら新規なTDDS(TDDS-IoT)が医薬品製剤の中心を担う可能性について論述する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 1 posts, 2 favorites)

除毛剤の成分(メルカプト酢酸)が経皮吸収を促進させるらしいから、局部に使用していいよってなってるやつ以外はあまり使わんほうがいいかもしれんな。専門外だから知らんけど。しらんけど。 https://t.co/fgE5mf8cyR

収集済み URL リスト