著者
清水 純子 伊藤 明子 山本 洋子 伊藤 雅章 本間 香 橋本 明彦
出版者
公益社団法人 日本皮膚科学会
雑誌
日本皮膚科学会雑誌 (ISSN:0021499X)
巻号頁・発行日
vol.114, no.7, pp.1277-1282, 2004-06-20 (Released:2014-12-13)

1993~2002年の10年間に新潟大学医学部附属病院皮膚科で組織学的に扁平苔癬と診断し,経過を観察した症例のうち,薬剤性を除く78症例を集計した.合併疾患,C型肝炎ウイルスとの関連,金属試薬貼布試験結果や歯科金属除去の有効性を検討した.抗HCV抗体陽性率は15.4%(78例中12例)で高い傾向がみられた.口腔内病変を有する症例は64例であった.そのうち,貼布試験を施行した症例は40例で,何らかの金属試薬に陽性を示した症例は55.0%(40例中22例),さらに,歯科修復物に陽性金属含有が確認された症例数は15例,歯科金属除去有効率は77.8%(9例中7例)であった.その他,粘膜疹に接している部位の金属修復物を除去した後に粘膜疹が改善した症例が6例あり,歯科金属が非アレルギーの機序で関与する可能性も考えられた.以上より,扁平苔癬の原因ないし増悪因子として,歯科金属による接触アレルギーないし局所刺激性が重要と考えた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 4 favorites)

<参考文献> https://t.co/N5ETQxg6XC https://t.co/1kr3sfYsD3 https://t.co/T3LXbuGfLn https://t.co/gjF5qdKQmx https://t.co/NNgxouRbcG https://t.co/PNbSS8JKkp
歯科金属除去有効率は 77.8% 粘膜疹に接している部位の金属修復物を除去した後に粘膜疹が改善した症例が 6 例あり歯科金属が非アレルギーの機序で関与する可能性も。扁平苔癬の原因ないし増悪因子として, 歯科金属による接触アレルギーないし局所刺激性が重要と考えた 引用元 https://t.co/OurjBrALj8 https://t.co/xh6BhZJV1s

収集済み URL リスト