2 1 0 0 OA 抽象化の水準

著者
Jesper Junl 増田 泰子
出版者
日本デジタルゲーム学会
雑誌
デジタルゲーム学研究 (ISSN:18820913)
巻号頁・発行日
vol.2, no.1, pp.85-91, 2008 (Released:2021-07-01)

この論文では抽象化の水準を探求する。表象的なゲームはフィクションの世界を表現するが、その世界の中でプレイヤーは一定の行動しか取れない。そのゲームのフィクションの世界を詳細に実行す るには限りがあるからだ。 本論文ではテレビゲームデザインの中心的要素としての抽象化と、プレイ中にプレイヤーが解読する ものとしての抽象化と、プレイヤーが時間をかけて作っていく一種の最適化としての抽象化を区別する。 最後に本論文では、抽象化がゲームのマジックサークルやルールそれ自体と関連し合っていることを論じる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

Jesper Juul(増田泰子訳)「抽象化の水準」『デジタルゲーム学研究』2 (1)、2008年。 https://t.co/QrWq0ZpBK4 原文。"A Certain Level of Abstraction". Conference paper at the DiGRA conference, Tokyo Japan, September 2007. https://t.co/SZRlol4IC7
こんばんは。このあと22時から放送します。今日はこちらの論文を読みます。 増田泰子. (2008). 抽象化の水準. デジタルゲーム学研究 https://t.co/K266EMCEpS https://t.co/VokY0REzoe

収集済み URL リスト