著者
上間 陽子
出版者
日本教育社会学会
雑誌
教育社会学研究 (ISSN:03873145)
巻号頁・発行日
vol.96, pp.87-108, 2015-05-29 (Released:2016-07-19)
参考文献数
9
被引用文献数
3

本稿は,風俗業界で働く若年女性たちの生活・仕事の中で直面する種々のリスクへの対処の仕方,その対処において果たす彼女たちの人間関係ネットワークの機能,そのネットワークの形成の背景,特にネットワーク形成において学校体験のもつ意味を捉えることを課題とした。 本稿は,筆者らが取り組んでいる,沖縄の風俗業界とその界隈で働く若者への調査の対象者の中から特に2人の女性(真奈さん・京香さん)を取り上げ,それらの比較対照を通じて上記の課題を追究した。2人は,中学校卒業時点で学校社会のメインストリームから外れ,地元地域からも排除されていた点で共通する。だが,真奈さんは中学校時代不登校であり,同世代・同性集団に所属した経験をもたず,多少とも継続的な人間関係は恋人とのそれに限られていたのに対して,京香さんは中学時代地元で有名なヤンキー女子グループに属し,その関係は卒業後も続き,困難を乗り切り情緒的安定を維持する上での支えとなってきた。そして京香さんが仕事場面でのリスクに対処する戦術も,そのグループに所属する中で身につけた非行女子文化の行動スタイルを流用するものだった。 2人のケースの比較検討から浮かび上がってきたのは,学校時代に保護された環境の下で人間関係を取り結ぶ機会としてその場を経験できることは,移行期に多くのリスクに直面せざるを得ない層の若者にとって,相対的な安全を確保する上で不可欠なネットワークを形成する基盤となりうるものであり,その意味は決して小さくないという点であった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (10 users, 10 posts, 12 favorites)

風俗業界で働く女性のネットワークと学校体験 https://t.co/9kulH74GYB
ふとこの論文を読んだのだけど、うまく言語化できなかった自分が聞いた話が少し整理された感じがした。|上間陽子,2015,「風俗業界で働く女性のネットワークと学校体験」『教育社会学研究』96: 87-108(https://t.co/s1vehLbGzU)
風俗業界で働く女性のネットワークと学校体験 https://t.co/zSm6HqvFyA 読んでる
1 1 https://t.co/kEzKB0txN4
『教育社会学研究第96集(2015)』が公開されたことによって,上間陽子さんの論文が読めるようになりました。https://t.co/jM4D78j0LS
風俗業界で働く女性のネットワークと学校体験 : https://t.co/AWXLw6KPbb

収集済み URL リスト