著者
小川 和孝
出版者
日本教育社会学会
雑誌
教育社会学研究 (ISSN:03873145)
巻号頁・発行日
vol.98, pp.135-154, 2016-05-31 (Released:2017-06-01)
参考文献数
25
被引用文献数
1

本論文では,高校生の持つ時間割引選好とリスク回避傾向が,教育期待へと与える影響について分析する。これによって,合理的選択理論における行為の前提となっている信念を,より明確化することを目的としている。 日本全国の高校2年生とその母親に対する調査をデータとして使用し,時間割引選好とリスク回避傾向が,高校卒業後の教育期待に与える影響を検証した。時間割引選好は,入職時点とその後の上昇度合いが異なっている賃金プロファイルのどれを好むかという選択から,またリスク回避傾向は仮想的な宝くじへの支払い意思額から尺度が構成される。 分析の結果から,これまで教育選択のモデルに明示的に取り込まれてこなかった信念は,既存の社会階層変数とは独立した効果を有していることが示された。時間割引選好は教育期待に対して有意に正の影響を有していた。これは将来の大きな利益をより重視する生徒ほど,より長い教育を望む傾向あることを示している。また,リスク回避傾向は教育期待に対して有意に負の影響を有していた。これはより損失に敏感な生徒ほど,より長い教育を望みにくいことを意味する。ただしリスク回避傾向については,モデルの選択によって頑健な結果とは言えなかった。これらの結果が教育選択におけるリスク回避仮説に対して持つ意義や,信念の役割を明らかにすることと機会の不平等における規範理論への発展との関連について議論した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

時間割引選好(目先の利益を選ぶか遠い将来の利益を選ぶかの指標)は高校生の教育期待に対して有意に正の影響。 この影響は社会階層変数とは独立である。 これが底辺からでも這い上がれる人の仕組みな気がする 時間割引選好・リスク回避傾向と高校生の教育期待 https://t.co/DyZWxuCOoW
大卒は単に高い賃金を求める性格傾向ってだけで、特に凄いわけでもないのだ。 高卒の方がリスク回避の観点だとよく考えているので優秀だともいい得るのだ。 (参考文献:https://t.co/5NnfWAYEsp)
https://t.co/9hCAcqfr8W 面白い

収集済み URL リスト