著者
岸田 典子 上村 芳枝
出版者
The Japanese Society of Nutrition and Dietetics
雑誌
栄養学雑誌 (ISSN:00215147)
巻号頁・発行日
vol.51, no.1, pp.23-30, 1993 (Released:2010-04-30)
参考文献数
23
被引用文献数
9 7

学童376人に, 食事中の家族との会話の有無 (以下, “有り”を会話群, “無し”を非会話群とする) と健康・生活の規則性・食生活との関連について, 質問紙法により調査を行い, 次のような結果が得られた。1) 健康についてみると, 会話群は非会話群に比べ, 食欲がある, 朝の目覚め良好, だるいことはない, 夜よく眠れる, 風邪をひきにくい, イライラしない, 非常に健康なほう, 健康良好, 起立性調節障害症状無しなどの割合が高く, 食事中の家族との会話と健康との関連がみられた。2) 生活の規則性に関して, 起床・就寝・排便・間食時刻などが規則的で, 朝食を毎日食べる, 運動を毎日するなど, いずれも会話群のほうに割合が高かった。3) 食生活では, 料理や6つの基礎食品群の組み合わせがよい, 野菜をよく食べる, 給食外で牛乳を飲む, 食べ物の好き嫌いがない, 間食量を決めている, 清涼飲料水を飲まないなどについて, 会話群のほうに割合が高かった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (31 users, 34 posts, 67 favorites)

途中に「食事中に会話をしている児童の方が健康というデータもあるようだ」ってありますが家で食事中に家族と会話してるかというデータですhttps://t.co/VgxDCKohlw 中見なさいよ / https://t.co/HayDGZXxtY
この論文を書いた人、公衆衛生の人? 掲載されてる他の論文が… で、論文の中で引用されてる「食事中の会話はなんやかんやQOLを良好にするよ」は給食ではなくて『家庭での食事』を調査したもの 『学童の食事中における会話の有無と健康及び食生活との関連』 https://t.co/htwfdMnLvH https://t.co/z6G36oLHV5

収集済み URL リスト