著者
岸田 典子 上村 芳枝
出版者
The Japanese Society of Nutrition and Dietetics
雑誌
栄養学雑誌 (ISSN:00215147)
巻号頁・発行日
vol.51, no.1, pp.23-30, 1993 (Released:2010-04-30)
参考文献数
23
被引用文献数
7 4

学童376人に, 食事中の家族との会話の有無 (以下, “有り”を会話群, “無し”を非会話群とする) と健康・生活の規則性・食生活との関連について, 質問紙法により調査を行い, 次のような結果が得られた。1) 健康についてみると, 会話群は非会話群に比べ, 食欲がある, 朝の目覚め良好, だるいことはない, 夜よく眠れる, 風邪をひきにくい, イライラしない, 非常に健康なほう, 健康良好, 起立性調節障害症状無しなどの割合が高く, 食事中の家族との会話と健康との関連がみられた。2) 生活の規則性に関して, 起床・就寝・排便・間食時刻などが規則的で, 朝食を毎日食べる, 運動を毎日するなど, いずれも会話群のほうに割合が高かった。3) 食生活では, 料理や6つの基礎食品群の組み合わせがよい, 野菜をよく食べる, 給食外で牛乳を飲む, 食べ物の好き嫌いがない, 間食量を決めている, 清涼飲料水を飲まないなどについて, 会話群のほうに割合が高かった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (28 users, 31 posts, 65 favorites)

@trackerrrre @BTVoRjCDhE5Imob @tsuisoku 飛沫を受けないのが問題。 唾液・飛沫には、発病時以外は、健全なバクテリアフローラが豊富なので、人と会話や交流をして、そのバクテリアフローラを交換することで、お互いに健康維持できる。 人とよく会話をする人が健康な傾向にあるのも納得。 https://t.co/npsf0Gj2ZE https://t.co/trcuoAJHZh https://t.co/ocS283v30G
@ayataka70270429 @rushhour4 @livedoornews 不満はこちらへ。 https://t.co/npsf0Gj2ZE https://t.co/6Qc765gvR3
@Jibun_no_Atama 無症状者は飛沫を飛ばしたほうが良い。 唾液・飛沫には、発病時以外は、健全なバクテリアフローラが豊富なので、人と会話や交流をして、そのバクテリアフローラを交換することで、お互いに健康維持できる。 人とよく会話をする人が健康な傾向にあるのも納得。 https://t.co/npsf0Gj2ZE https://t.co/PZJMSQRQxg
@YahooNewsTopics @FIFI_Egypt トヨタは上手く行ったが、過剰なコロナ対策で、壊滅的ダメージの企業は多い。 対策といえば、会話。 やはり人とよく会話や交流のある人が健康なのは、他人とバクテリアフローラを交換しているから。 マスクしていると感染者が増える訳だ。 だから発病時以外のマスクは外せ! https://t.co/npsf0Gj2ZE https://t.co/xbecXmx2rA

収集済み URL リスト