著者
駒木 伸比古
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
E-journal GEO (ISSN:18808107)
巻号頁・発行日
vol.11, no.1, pp.154-163, 2016-09-30 (Released:2016-10-11)
参考文献数
23

2015年12月に「平成26年商業統計調査」の結果が公表されたことで,2008年11月に「平成19年商業統計調査」の結果が公表されて以来,ほぼ7年ぶりに日本における商業動向を把握することが可能となった.この背景には,2012年の経済センサスの設立および実施が挙げられる.本稿では,経済センサス実施にともなう商業統計における調査方法および項目の変化とその利用について解説することを目的とした.実態に応じた調査が実施されたことで,最近の商業・流通業の動向に応じた分析や状況把握が可能となった.ただし調査対象および方法が変更されたため,時系列変化を検討する際には十分な注意が必要である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 9 favorites)

なるほど。|「経済センサス実施にともなう商業統計の変容とその利用」 https://t.co/oZH3RyTiAx
【E-journal GEO掲載論文】駒木伸比古 2016.経済センサス実施にともなう商業統計の変容とその利用,E-journal GEO 11(1),154-163.https://t.co/pFq8knsEeB
1 1 https://t.co/JBQNaw8aW4
経済センサス・商業統計について書いた解説記事が公開されました。 駒木伸比古(2016):経済センサス実施にともなう商業統計の変容とその利用.E-journal GEO,11(1):154-163. https://t.co/n0dS0dGvfs

収集済み URL リスト