著者
牛垣 雄矢 木谷 隆太郎 内藤 亮
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
E-journal GEO (ISSN:18808107)
巻号頁・発行日
vol.11, no.1, pp.85-97, 2016 (Released:2016-06-23)
参考文献数
28

本研究は,東京都千代田区秋葉原地区を対象に,2006年と2013年に行った現地調査結果を基に,商業集積の特徴と変化を考察した.同地区ではメイド系店舗が集積し,飲食・サービス業化が進んでいる.アイドル関係の小売店や劇場も増加し,アニメ女性から実在する女性を嗜好する消費者へとターゲットが移りつつある.家電業界における企業再編の影響を受け,秋葉原駅付近の表通りでは戦前・戦後直後に開業した店舗が閉店して娯楽・飲食系のチェーン店が進出し,商業空間の均質化が進んでいる.街の飲食・サービス業化や街と関係性の薄い業種の店舗が集積したことで,消費者の関連購買行動が弱まり,商業集積地としての強みも減じている.一方,雑居ビルで構成される裏通りでは,メイド系店舗が多数入居して特徴のある空間を維持している.その雑居ビルでも残存・成長できる店舗は少なく,少女アニメ関係やメイド系店舗は激しく入れ替わる形でその集積を維持している.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (46 users, 52 posts, 36 favorites)

https://t.co/x69YCzR4Qk ↑から7年経ってるからそろそろちゃんと実地調査してみたいんだよな
観ました。牛垣先生と川原先生、どちらの論文の紹介も興味深かったです。淳さんがおっしゃるように実際の街の様子やメイドさんのお姿と照らし合わせつつの解説ができるのは映像媒体ならでは。牛垣先生の論文はこちらですね。 https://t.co/I5gnP1j1Ir ろんぶ~ん公式サイトの[紹介論文]は更新まだかな
(続き) 【テレビ】 紹介された論文は次。ネットで公開されています。 牛垣雄矢・木谷隆太郎・内藤 亮 2015. 東京都千代田区秋葉原地区における商業集積の特徴と変化─2006年と2013年の現地調査結果を基に─. E-journal GEO 11: 85-97.(続く) https://t.co/w3lmpZ9Ywu
【E-journal GEO掲載論文】牛垣雄矢・木谷隆太郎・ 内藤 亮 2016.東京都千代田区秋葉原地区における商業集積の特徴と変化―2006年と2013年の現地調査結果を基に―,E-journal GEO 11(1),85-97.https://t.co/jPTqGg4zOH
日本地理学会のジャーナル論文だけど、アキバの街づくりに関わっている人たちに広く読まれるべき。アキバの魅力と強みが将来的に減少する可能性が指摘されてる。(副題は略) 「東京都千代田区秋葉原地区における商業集積の特徴と変化」 https://t.co/LPgwWL0jHl

収集済み URL リスト