著者
成瀬 厚
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
E-journal GEO (ISSN:18808107)
巻号頁・発行日
vol.12, no.2, pp.280-293, 2017 (Released:2017-12-16)
参考文献数
8

大学非常勤講師の処遇に関する議論は1990年代以降なされており,2007年前後に盛り上がりをみせていたが,大きな改善がみられないまま現在に至っている.2013年には労働契約法が改正され,非正規の有期労働契約を無期契約へと転換する道が開かれたが,逆にそのことが「雇い止め」という事態を拡大させる契機となっている.本稿で筆者は,そうした議論を整理し,大学で地理学関連科目を担当する本学会員の大学非常勤講師にアンケート調査を行った.回答者15人の属性として,講師歴15年以上および年齢46歳以上が回答者の半数以上を占めた.かれらの収入は週1コマ当たり月額で30,000円以下がほとんどで,かれらは4校程度を掛け持ちしている.大学の非常勤講師で生計を立てている専業非常勤講師は,平均週8コマを担当しているという状況が確認された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 1 favorites)

【E-journal GEO掲載論文】成瀬 厚 2017.地理学関連科目を担当する大学非常勤講師の雇用実態と意識,E-journal GEO 12(2),280-293.https://t.co/i41xuo4NzV
J-STAGE Articles - 地理学関連科目を担当する大学非常勤講師の雇用実態と意識 https://t.co/Jmze1tcSpy
成瀬厚(2017)「地理学関連科目を担当する大学非常勤講師の雇用実態と意識」 https://t.co/J6hSiDjCYG

収集済み URL リスト