著者
高橋 昂輝
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
E-journal GEO (ISSN:18808107)
巻号頁・発行日
vol.13, no.1, pp.50-67, 2018 (Released:2018-03-16)
参考文献数
21
被引用文献数
1

本論は,鹿児島県奄美大島の瀬戸内町嘉鉄において,Iターン者の価値観と集落の機能に注目し,Iターン者を取り入れた集落の維持形態を明らかにした.1990年代末以降,嘉鉄には大都市圏からの移住者が継続的に流入している.彼らは島内の都市的地域を避け,選択的に嘉鉄に居住する.Iターン者が嘉鉄に住居を確保するには,住宅所有者の社会的ネットワークに参加することが求められる.また移住前,住民は会合を開き,移住希望者に対し集落行事への参加を確認する.閉鎖的な住宅市場と集落行事に関する合意形成は,地域社会に適合する人材を選別する役割を果たす.移住後,集落行事は従前の住民がIターン者を受け入れる場所となる.非都市的生活を希求するIターン者と彼らを選別して受け入れる集落の機能が結びつき,嘉鉄ではIターン者を空間的・社会的に取り入れた集落維持が行われている.本論は,限界集落論を反証する事例として位置づけられる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (10 users, 11 posts, 3 favorites)

【E-journal GEO掲載論文】高橋昂輝 2018.奄美大島におけるIターン者の選別・受入を通じた集落の維持―瀬戸内町嘉鉄にみる「限界集落論」の反証―,E-journal GEO 13(1),50-67.https://t.co/zQzzfGupza
新しい論文が公開されました。Out now in the E-journal GEO! 『奄美大島におけるIターン者の選別・受入を通じた集落の維持―瀬戸内町嘉鉄にみる「限界集落論」の反証―』 https://t.co/uLf9xc2Y7B #Iターン #移住 #限界集落 #反証 #奄美大島 #鹿児島県 #地理 #地理学 #人文地理学 #geography #Japan

収集済み URL リスト