著者
菅沼 克昭
出版者
一般社団法人エレクトロニクス実装学会
巻号頁・発行日
pp.165-166, 2004 (Released:2004-09-01)

ナノテクノロジーがもたらすユビキタス市場規模は、2010年には20兆円に達するものと期待されている。我が国においては、ナノテクノロジー戦略の分野が「ナノテクノロジー・材料」と呼称されるように、材料およびその加工技術が重要な位置に据えられる。半導体加工では、100nm以下がナノテクの範疇と言われるが、この意味では90nmは緯線のCPUがまもなく市場に出る今年が、真の意味での半導体ナノテク元年になる。ナノテクノロジー分野、特にインターコネクト(接続や配線)での展開で最も期待されているのが、ナノ粒子を適当な樹脂や水溶液に混合しペースト化した配線技術である。本講演では、ナノペースト技術の現状を中心にナノテクと十スに関して紹介する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 8 favorites)

ナノテクノロジーの切り開く実装の世界(2004年) - J-Stage 菅沼 克昭 教授 大阪大学産業科学研究所 (pdf)https://t.co/FApVE8RXXg 「半導体加工では100nm以下がナノテクの範疇と言われるが… https://t.co/I4YKB0dfvL

収集済み URL リスト