著者
鷲野 翔一
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.1, no.2, pp.2_13-2_20, 2007-10-01 (Released:2011-03-01)
参考文献数
27
被引用文献数
4 3

日本のITSについて若干の歴史的概観をした後,第3開発分野である安全運転支援システムの普及が芳しくないことを示し,その原因の一つに安全運転支援システムのコンセプトに問題があることを示す. 従来のコンセプトはドライバの運転負荷を少なくする形式のコンセプトで,どちらかと言えば,自然科学者が作ったコンセプトであった.しかし,よく調べると,運転負荷が増える方が事故も少なくなり,燃費も良くなるというデータもあり,交通心理学者をはじめとする社会科学者がこの現象に注目している.交通事故は注意をすればなくなるという簡単なものではなく,統計的な現象としてとらえる方がよいという説明もなされつつある.こういった社会科学者の力とITSの技術者が結集して安全運転支援システムのコンセプトを早急に作り,システムの開発と今後普及を図るべきことを述べる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (10 users, 10 posts, 3 favorites)

MT車は危険AT車は安全って話を見かけたけど、調べてみると台数ベースで死亡事故率は変わらないけど、軽微な事故はAT車の方がMT車の倍だそうな。クラッチ&ミッション操作が要らない分余計なこと(スマホいぢったり)をすることが原因らしい。 https://t.co/7Pe5TWonz2
@hagat https://t.co/o0VB4SQPEf や https://t.co/PrDcmTjDj9 によると、事故率はATのほうが2倍、死亡事故率はあまり変わらない、と主張されています。 このグラフの出典を知りたい。 https://t.co/rXxgyJ4Zfy
自動変速機車(AT)は、手動変速機車(MT)よりもおよそ2倍事故を起こす確率が高い。しかし、死亡事故率は両者ともさほど変わらない。運転を楽にした場合に交通事故率が高まることを暗示している。 https://t.co/qFiAmhoyzv コンビニ特攻暴走事故は激減すると思う。
https://t.co/3scP02O3PD 正面衝突以外ではAT車がMT車の2倍の事故率、ただし死亡率はほぼ変わらない、そうですね
MTよりATの方が事故率高いってのは数字で証明されているんですけどね。 https://t.co/t4uu3lXUMy  RT @yamsan: MTゆえの事故も多いというのに何を言っているんだろう。緊急時にブレーキが間に合わないとか。坂道発進で後続車にぶつかるとか。
AT車とMT車で保険代違う、みたいな機構はさっと探して見つからなかったので、市場は特にATMTどっちが安全、ということは判断していないようだ。死亡事故のような被害額のでかい事故が同比率らしいので、そこが影響してるだけかも。 http://t.co/ggEFjaLUta

収集済み URL リスト