著者
新保 史生
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.13, no.3, pp.217-230, 2020-01-01 (Released:2020-01-01)
参考文献数
91

AIや自律ロボットをはじめとする新興技術(エマージングテクノロジー)の急速な発展と産業における利用が議論される一方で,自律型致死兵器システム(LAWS)の研究開発も進展している.国際的な議論としては,特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)の枠組みにおける規制について検討がなされ,今後のガイドとなるべき原則指針が提案されている.本稿では,自律型致死兵器システムについて,LAWSに適用される国際人道法,国連軍縮研究所(UNIDIR)の報告書,CCWのLAWS非公式専門家会議から政府専門家会合(GGE)における議論の状況,提案された原則指針の内容,法的・倫理的側面をめぐる検討状況を確認する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

J-STAGE Articles - 自律型致死兵器システム(LAWS)に関するロボット法的視点からの考察 https://t.co/25P9jXHDGy
https://t.co/gTy9sAK8CO ほんとの論文もこんな感じなんだ https://t.co/qEfxLPmqdV
https://t.co/PNUmWGAuMh 自立型致死兵器 こういう記事みてると ほんと意識次第で、世界は2分化するな

収集済み URL リスト