著者
井本 桂右 川口 洋平
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.15, no.4, pp.268-280, 2022-04-01 (Released:2022-04-01)
参考文献数
124

音声や楽音に限らないあらゆる音を分析し,音の種類や発生時刻,発生場所,音源の状態,周囲の状況などを推定する技術は環境音分析や異常音検知と呼ばれ,音声音響分析の新たな分野として定着しつつある.本稿では,環境音分析や異常音検知で取り組まれている研究トピックについて概説した後,それらの課題や最近の研究動向,そして筆者らの取り組みについて紹介する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (15 users, 18 posts, 40 favorites)

環境音分析・異常音検知の研究動向 https://t.co/YFhFjDDc80 #maskotlib
このたび、井本先生との共著で「環境音分析・異常音検知の研究動向」という記事を寄稿いたしました! https://t.co/56VQryH6bg 井本先生の補足のとおり伊藤先生が19年に異音検知の記事を執筆されていますので、そちらを引用しつつ、さらに19年以降の進展を加えた内容になったと思います!なにとぞ~ https://t.co/kuTaa8JnWI https://t.co/kAQRTHTUyi
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティのFundamentals Reviewに「環境音分析・異常音検知の研究動向」という記事を寄稿致しました.日立製作所の川口さんとの共著です.おそらく異常音検知の解説記事が日本語で出るのはこれが初だと思います. https://t.co/rOcfI0reA4

収集済み URL リスト