著者
佐藤 敦
出版者
一般社団法人 電子情報通信学会
雑誌
電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review (ISSN:18820875)
巻号頁・発行日
vol.5, no.4, pp.302-311, 2012-04-01 (Released:2012-04-01)
参考文献数
14

パターン認識とは,信号の空間的・時間的変化として観測されるパターンを,それが属すべきクラスに対応付ける操作のことである.近年のコンピュータ技術の進展に伴い,大規模データを用いた技術開発が可能になり,パターン認識を最適化問題として捉える機械学習的アプローチが一般的となっている.本稿では,パターン認識問題における数理的側面について,大局的な視点で解説する.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (3 users, 3 posts)

「特徴ベクトルを説明変数として、二乗誤差を最小化する」/
[機械学習] パターン認識問題の数理

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

パターン認識問題の数理 https://t.co/wBgnTl62Dx
「特徴ベクトルを説明変数として、二乗誤差を最小化する」/ / “パターン認識問題の数理 Mathematical Methods for Pattern Recognition 佐藤 敦 Atsushi SATO アブストラクト パタ…” http://t.co/wA11RFnW

収集済み URL リスト