著者
八幡 紋子
出版者
公益社団法人 日本薬学会
雑誌
ファルマシア (ISSN:00148601)
巻号頁・発行日
vol.51, no.6, pp.582, 2015 (Released:2018-08-26)
参考文献数
4

「カロリーゼロ」「ノンシュガー」.これらは今日の生活で多く見掛ける言葉である.消費者の健康指向の高まりを背景に,様々な食品や飲料に低カロリー甘味料が選ばれている.なかでも人工甘味料は砂糖に比べ甘味度が数百倍高く,カロリーを抑えて使用できることから,今後も使用量が増加すると予測されている.一方で人工甘味料を含む飲料の摂取と,高血圧,高血糖,高トリグリセリドといったメタボリックシンドロームを示すパラメータとの高い相関が報告されている.本稿では,人工甘味料によって腸内細菌叢に変動が起こり,正常な血糖コントロールができない耐糖能異常が現われるという論文を紹介する.なお,本稿は下記の文献に基づいて,その研究成果を紹介するものである.1) Lutsey P. L. et al., Circulation, 117, 754-761 (2008).2) Suez J. et al., Nature, 514, 181-186 (2014).3) Soldavoni J. et al., Dig. Dis. Sci., 58, 2756-2766 (2013).4) Schwiertz A. et al., Obesity, 18, 190-195 (2010).

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 8 posts, 32 favorites)

人工甘味料は腸内細菌叢のバランスを崩し、耐糖能異常を引き起こす事が指摘されています また「甘みへの依存性」はカロリーに関係ありません 人工甘味料飲料を飲む人は肥満リスクが高く、糖尿病へのメリットもほぼ無し、あったとしてもデメリットが上回ると私は思います。 https://t.co/EiMbWurEAD https://t.co/OjTTFSuxhk
@gagaga_gaisho @rokkaku0506 くらえ!論文攻撃!! https://t.co/FqwtgdHvgN https://t.co/KCewPlB6pC
@yurumazu よく使われる人工甘味料だと、スクラロース、アスパルテームは腸内細菌叢に影響を与えるようです。 詳細は読めないですが、結局バランスの良い食事と言われてしまうんでしょうね
https://t.co/mlV6GFikR9
コカコーラゼロで糖尿病リスクが上がる可能性が示唆されてる論文教えてもらった、面白い https://t.co/RKZsr4iyCS
@kaedemaru また健康系YouTuberの話ですか? この辺読みましたけど、まだ個々の人工甘味料の影響について充分なデータなさそうだし「ショ糖を代替することなくASBを多用・習慣化することは,肥満や糖尿病のリスクを高める可能性もある。」ってある通り、 https://t.co/wqeZ8thWjG https://t.co/YRpuCTDE18

収集済み URL リスト