著者
廣部 祥子 岡田 直貴 中川 晋作
出版者
公益社団法人 日本薬学会
雑誌
ファルマシア (ISSN:00148601)
巻号頁・発行日
vol.52, no.11, pp.1030-1034, 2016 (Released:2016-11-01)
参考文献数
29

皮膚の表皮や真皮には免疫担当細胞が多数存在しており、これらの細胞にワクチン抗原を送達することができれば、高いワクチン効果が期待できる。近年、痛みを伴うことなく皮膚に貼るだけでワクチンを接種できるマイクロニードルを用いた経皮ワクチン製剤が、従来の注射ワクチン製剤と比較して、有効性だけでなく迅速大規模接種や開発途上国へのワクチン普及において優位性をもつことから注目されている。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 5 favorites)

@jimakudaio @KNjS13H7q5SlytK 美容目的のハイドロパッチとは、マイクロニードルを用いた製品
ワクチンのマイクロニードルもあるのね……。φ(..)メモメモ https://t.co/NfCwC5GBQR

収集済み URL リスト