著者
木村 真梨
出版者
公益社団法人 日本薬学会
雑誌
ファルマシア (ISSN:00148601)
巻号頁・発行日
vol.53, no.7, pp.699-701, 2017 (Released:2017-07-01)
参考文献数
22

近年鍼灸の臨床効果が世界各国で科学的に解明されようとしている。うつに対する鍼灸治療の効果としては筋緊張の緩和、免疫の活性化、前頭葉の活動や自律神経の調整、オキシトシンの分泌を促し、セロトニンの分泌を増加させる等、不安やストレス軽減にも寄与することが明らかになってきた。本稿では、最近の鍼灸の基礎・臨床研究の現状を紹介するとともにうつに有効なツボや東洋医学の理論について概説する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

こっちもメモシェア 「うつに有効な鍼灸のツボとその作用機作に関する考察」(木村真梨) https://t.co/tMZkdnYDJm
@handfcbd @smzk1112 @TaimaEducation 百会にお灸は勧めやすいですね 要は脳の血流良くする感じだと思うので。鬱の治療にも百会使いますが、脳に近いから納得感得られやすいです。笑 https://t.co/tLjE9zpmgi
うつに有効な鍼灸のツボとその作用機作に 関する考察https://t.co/rL9m6dl9hA

収集済み URL リスト