著者
野田 博之
出版者
公益社団法人 日本薬学会
雑誌
ファルマシア (ISSN:00148601)
巻号頁・発行日
vol.55, no.2, pp.111-115, 2019 (Released:2019-02-01)
参考文献数
22

薬剤耐性(AMR)対策の本質は、「耐性菌蔓延の防止」と「抗菌薬開発の促進」に収斂される。抗菌薬開発が耐性菌蔓延に追いつかれないようにするために、利益に至るまでの期間を短くする施策を通して、引き続き、製薬企業が抗菌薬を開発しつづけられるよう支援を進めるとともに、医療関係者及び患者やその家族に対する啓発を進めることで、感染症の適切な診断と抗菌薬の適切な使用を進めていくことが求められている。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

薬剤耐性(AMR)対策の進展と課題 薬剤耐性(AMR)対策の本質は、「耐性菌蔓延の防止」と「抗菌薬開発の促進」に収斂される。 医療関係者及び患者やその家族に対する啓発を進めることで、感染症の適切な診断と抗菌薬の適切な使用を進めてい… https://t.co/xc4NoDhucR

収集済み URL リスト