著者
武 洲 中西 博
出版者
公益社団法人 日本薬理学会
雑誌
日本薬理学雑誌 (ISSN:00155691)
巻号頁・発行日
vol.150, no.3, pp.141-147, 2017 (Released:2017-09-09)
参考文献数
30
被引用文献数
3 3

アルツハイマー病の原因として「アミロイドカスケード仮説」が広く支持されている.しかし,これまでこの仮説に基づいてアミロイドβ(Aβ)とその関連分子を標的とした多くの薬剤が開発されてきたが,未だ臨床試験によってその効果が証明された根本治療薬(疾患修飾薬)は得られていない.最近,以前から提唱されていたアルツハイマー病の「脳炎症仮説」ならびに「感染症仮説」に新たなエビデンスも加わり,再び注目されるようになってきた.脳炎症に関与するミクログリアの増殖や生存に必要なコロニー刺激性因子1受容体キナーゼに対する阻害薬がアルツハイマー病モデルマウスにおける学習・記憶障害を予防することが発見され,慢性的脳炎症がアルツハイマー病の進行に伴うものではなくその原因となることを示した.一方,アルツハイマー病患者の剖検脳においてウイルス,細菌ならびに真菌などの病原性微生物が検出され,Aβが感染に対する自然免疫としての役割を果たしている可能性も示唆されている.さらに最近,歯周病菌であるジンジバリス菌のリポ多糖類や主要なプロテアーゼであるジンジパインがミクログリアの活性化を介して慢性的脳炎症を誘引し,認知機能障害に関与することが示唆されている.今後,アルツハイマー病の予防法ならびに根本治療法の確立を目指し,「脳炎症仮説」ならびに「感染症仮説」を再評価するとともにこれらの仮説に基づいた創薬も重要になると考えられる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (9 users, 9 posts, 10 favorites)

15年くらい前にライソゾーム病の炎症、免疫系を追ってた時に、同じ神経変性疾患でパーキンソン病やアルツハイマー病に炎症があるという論文よく見てた。 古い脳炎症仮説を見てたんだなぁ。 https://t.co/OKsgMnp5c1 https://t.co/6AXGS2NoEH
J-STAGE Articles - 古くて新しいアルツハイマー病の脳炎症仮説と感染症仮説―鍵を握るミクログリアの老化と慢性的脳炎症― https://t.co/Ds2MxXVxhl

収集済み URL リスト