著者
牧山 康秀
出版者
一般社団法人 日本顎関節学会
雑誌
日本顎関節学会雑誌 (ISSN:09153004)
巻号頁・発行日
vol.30, no.2, pp.177-186, 2018-08-20 (Released:2018-10-15)
参考文献数
11

習慣性の頭痛を主訴とする患者では,緊張型頭痛と片頭痛が多い。緊張型頭痛は一次性頭痛のうち最多の疾患であるが,頻発すると受診し,痛みは中等症(つらいが日常動作はできる)以下が多く,周辺筋群に圧痛をもつ例が多い。片頭痛では,中等度以上の頭痛に加え,多臓器にわたる過敏症状を伴い日常生活の中断を余儀なくされる。片頭痛では鎮痛薬ではなく片頭痛発作の頓挫薬であるトリプタン製剤を用いて生活の中断を最小化させることができる。顎関節症に起因する頭痛は,耳介前方,咬筋,側頭部に多くみられ,頭痛を眼窩外耳孔線より頭頂側の痛みと定義する以上,多くの例で一物の二面を見ているにすぎない。また近年,口腔顔面と頭部の慢性疼痛性疾患における痛覚系の感作が明らかになり,顎関節症と一次性頭痛の共存を強調する報告が散見される。今後の病態解明,治療アプローチの進展が期待される。頭痛を訴える患者に遭遇する診療科では臨床的緊急度の高い頭痛患者を確実に捕捉する重要性が繰り返し指摘されている。診断治療の緊急性が高い頭痛は,突然発症のもの,緩徐でも確実に増悪するもの,発熱などの全身症状を伴うものなどがたびたび強調されている。これらに加えて,歯科領域に原因をもち顔面頭部の知覚障害を伴う頭痛の重要性も指摘した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 20 favorites)

26/100 『顎関節症と関連頭痛』 ✅咀嚼筋 → 三叉神経第1枝領域への放散・関連痛 ✅咬筋 → 三叉神経第1枝領域の関連痛(圧痛) ✅頭痛 > 非頭痛 → 顎関節症状が有意に多い ✅慢性顎関節症者> 歯科治療者(顎関節症なし) → オッズ比7.05 https://t.co/u2OP7Ihy4R https://t.co/sKxDDLrEqR
【顎関節症と頭痛】 寒いと無意識に歯をくいしばっていませんか? ・歯をくいしばる=ブラキシズム ・上下の歯が接触している=TCH いずれにしろ歯と歯が接触している時間は通常1日約17分以内です。 それ以上は頭痛や顎関節症を引き起こす要因となってしまいます。 ▼▼▼ https://t.co/ZFVjBRw11G https://t.co/YZ25MHUjR6

収集済み URL リスト