著者
青木 大祐 金子 惇 井上 真智子
出版者
一般社団法人 日本プライマリ・ケア連合学会
雑誌
日本プライマリ・ケア連合学会誌 (ISSN:21852928)
巻号頁・発行日
vol.43, no.2, pp.44-53, 2020-06-20 (Released:2020-06-23)
参考文献数
47

目的:青少年のインターネット依存傾向が問題となっているが社会的マイノリティに関する現状は不明である.本研究では,在日ブラジル人生徒の現状を調査する.方法:A市在住ブラジル人生徒342人にポルトガル語の質問紙で,インターネット依存度(以下IAT),ネット利用時間,睡眠,うつ傾向(PHQ2)を評価した.χ2検定,ロジスティック回帰分析を用いた.結果:回答率65%(222人).IAT50点以上と相関したのは睡眠7.5時間以下(オッズ比:0.38,95%信頼区間:0.21-0.68),平日のネット利用4時間以上(2.6,1.4-4.8),PHQ2が3点以上(6.2,3.3-11.5)だった.多変量解析でもPHQ2と平日の利用時間は有意だった.結論:A市在住ブラジル人生徒のインターネット依存度には,平日のネット利用時間とうつ傾向が関連していた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 4 favorites)

在日ブラジル人生徒のインターネット依存度に関する 調査―質問紙を用いた横断研究 https://t.co/azqsZg7Hic 実習で来た学生さんが中心となって行った研究が日本プライマリ・ケア連合学会誌からPublishされました!
Our new article entitled "Internet Addiction among Brazilian Students in Japan ― A Questionnaire-based Cross-sectional Study" has been published in the Official Journal of the Japan Primary Care Association. An abstract is available in English. https://t.co/gb4F6aQ04H

収集済み URL リスト