著者
浅原 正幸 小野 創 宮本 エジソン 正
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
vol.156, pp.67-96, 2019 (Released:2020-04-14)
参考文献数
65

Kennedy et al.(2003)は,英語・フランス語の新聞社説を呈示サンプルとした母語話者の読み時間データをDundee Eye-Tracking Corpusとして構築し,公開している。一方,日本語で同様なデータは整備されていない。日本語においてはわかち書きの問題があり,心理言語実験においてどのように文を呈示するかがあまり共有されておらず,呈示方法間の実証的な比較が求められている。我々は『現代日本語書き言葉均衡コーパス』(Maekawa et al. 2014)の一部に対して視線走査法と自己ペース読文法を用いた読み時間付与を行った。24人の日本語母語話者を実験協力者とし,2手法に対して,文節単位の半角空白ありと半角空白なしの2種類のデータを収集した。その結果,半角空白ありの方が読み時間が短くなる現象を確認した。また,係り受けアノテーションとの重ね合わせの結果,係り受けの数が多い文節ほど読み時間が短くなる現象を確認した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 7 posts, 5 favorites)

【言語研究・掲載論文】BCCWJ-EyeTrack―『現代日本語書き言葉均衡コーパス』に対する読み時間付与とその分析― (浅原正幸,小野創,宮本エジソン正) 156号 https://t.co/XkGxKogsCQ
【言語研究・掲載論文】BCCWJ-EyeTrack―『現代日本語書き言葉均衡コーパス』に対する読み時間付与とその分析― (浅原正幸,小野創,宮本エジソン正) 156号 https://t.co/XkGxKoy41q
【言語研究・掲載論文】BCCWJ-EyeTrack―『現代日本語書き言葉均衡コーパス』に対する読み時間付与とその分析― (浅原正幸,小野創,宮本エジソン正) 156号 https://t.co/XkGxKoy41q
【言語研究・掲載論文】BCCWJ-EyeTrack―『現代日本語書き言葉均衡コーパス』に対する読み時間付与とその分析― (浅原正幸,小野創,宮本エジソン正) 156号 https://t.co/XkGxKoy41q
【言語研究・掲載論文】BCCWJ-EyeTrack―『現代日本語書き言葉均衡コーパス』に対する読み時間付与とその分析― (浅原正幸,小野創,宮本エジソン正) 156号 https://t.co/XkGxKoy41q
【言語研究・掲載論文】BCCWJ-EyeTrack―『現代日本語書き言葉均衡コーパス』に対する読み時間付与とその分析― (浅原正幸,小野創,宮本エジソン正) 156号 https://t.co/XkGxKoy41q
気になってる研究なんだよねえ>J-STAGE Articles - BCCWJ-EyeTrack https://t.co/9pbSlUEIeo

収集済み URL リスト