著者
中井 俊一 佐藤 正教 武藤 龍一 宮腰 哲雄 本多 貴之 吉田 邦夫
出版者
一般社団法人日本地球化学会
雑誌
日本地球化学会年会要旨集 2013年度日本地球化学会第60回年会講演要旨集
巻号頁・発行日
pp.228, 2013 (Released:2013-08-31)

漆はウルシ属樹木であるウルシが分泌する樹液を脱塵,脱水などの処理をした後,空気にさらし,酸化酵素ラッカラーゼの働きにより硬化させ,塗料や接着剤として用いられてきた.ウルシ属の樹木は日本の他,中国,ベトナム,タイなどに自生している.現在,日本の漆工芸で使われている漆は大部分が中国,ベトナム産である.日本では縄文時代早期の遺跡から,漆塗の髪飾り,腕輪などが出土し,古い時期からの利用を示している.漆塗料の産地を決めることができれば,漆文化の起源や,時代による交易圏の変遷を考える手がかりになりうると予想できる.漆の主成分である有機化合物の分析により,日本産の漆をタイ,ベトナム産のものと区別することはできるが,日本産の漆を中国,韓国産のものと区別することはできない.そこで土壌の源岩の年代により変動する87Sr/86Sr同位体比を用いて漆の産地推定を行うことを検討してきた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 11 favorites)

漆の成分分析で、ストロンチウムについて注目したこのチームって、凄過ぎます。 何度となくプレゼンを聞いてますが、素人でもわかる明快さ。 何度聞いても、ワクワクします‼️ 「Sr 同位体比による漆の産地推定」 #漆 #産地推定 https://t.co/0bZeooaAwE
@mokujiki2 やはり質量分析でした。文中に試料の精製に関連してい草やねぎの記載があります。ストロンチウム、同位体分析あたりで検索すると科研費の報告なども読めるようですよ。https://t.co/895b9miLMf

収集済み URL リスト