著者
新井 宏嘉
出版者
一般社団法人 日本地質学会
雑誌
地質学雑誌 (ISSN:00167630)
巻号頁・発行日
vol.117, no.10, pp.547-564, 2011-10-15 (Released:2012-02-11)
参考文献数
114
被引用文献数
4 1

方向データとは,地層の走向,古流向,鉱物線構造のように,ある基準方向からの角度で表されるデータであり,地質学で多用されるデータ形式である.さらに,時間,曜日,月などの周期的な時間データも,角度に変換すれば方向データとなる.方向データは一般に0°=360°で循環し,基準方向は任意に設定できるので,統計学的に扱う際には特別の方法(方向統計学)を用いる必要がある.本総説は,方向データのうち円周上の分布で表される円周データについて,その図示法,ばらつき・平均方向・順位と中央方向などの記述統計量算出法,代表的確率分布である円周一様分布およびフォン・ミーゼス分布,分布型の検討法,1標本および複数標本の仮説検定法について,例を挙げながら解説する.また,円周データ解析ソフトウェアも紹介する.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

周期性.カイパー検定の日本語による説明

Twitter (5 users, 6 posts, 0 favorites)

ローズダイアグラムって面積が頻度に比例しないので安直に利用すると危ういのでは?と思って探してみたら、やはりそのようでちゃんと文献がある。ありがたい。 https://t.co/AXGOhrfdm1
循環する変数を扱うcircular statisticsの資料。粕谷(2014)『角度や時間など循環する変数の統計モデリング』 https://t.co/S6wVdIE9qy 新井(2011)『地質学における方向データ解析法:円周データの統計学』 https://t.co/2oGSfy4ID4 V, Watson's U^2, Watson–Williams, Mardia–Watson–Wheeler検定等
便利な論文を見つけた https://t.co/DxO8knayRL
地質学雑誌を眺めていたら興味深い論文(総説)を発見。古流向や断層の走向とかを解析するときに使えそう。 http://t.co/qAC5lin9 地質学における方向データ解析法:円周データの統計学
地質学雑誌を眺めていたら興味深い論文(総説)を発見。古流向や断層の走向とかを解析するときに使えそう。 http://t.co/qAC5lin9 地質学における方向データ解析法:円周データの統計学

収集済み URL リスト