著者
米澤 正弘
出版者
一般社団法人 日本地質学会
雑誌
地質学雑誌 (ISSN:00167630)
巻号頁・発行日
vol.122, no.8, pp.445-458, 2016-08-15 (Released:2016-09-02)
参考文献数
14

千葉市は東京湾の湾奥部北東側に位置し,昭和30年代半ばまで,海岸には広大な干潟が延々と広がっていた.遠浅で広い干潟では,古くからあさりなどの貝掘りや海苔の養殖が盛んで,観光としての潮干狩りや海水浴でも賑わっていた.高度経済成長の影響で海岸の埋め立てが始まったのは,昭和30年代半ばである.その後何度かの停滞を挟むが埋め立ては順次進み,昭和50年代には終了する.埋め立ての進行に伴い工場や住宅が進出し,京葉線が通り,現在はビジネス街・大型商業施設地域・高層マンションなどが立ち並ぶ新都心として発展を遂げている.埋め立て終了から約40年が経ち,埋め立ての記憶は,そこに住む人々からほとんど消えてしまっている.本巡検では,埋め立て地に建つJR稲毛海岸駅から旧汀線に向かって歩き,埋め立ての歴史を遡る.さらに旧海岸線沿いを歩きながら昔の海岸の名残を探し,地形・地質の変遷を考える.最後に,地形の人工的な改変についても見学する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 0 favorites)

@mer_chiba 時々すっかり忘れていたりするんですけど、昭和43年だと今の国道14号線も大半がまだ海の中ですね。稲毛自動車教習所の辺りは今でも松林が残っていて海岸の雰囲気は残ってます。 https://t.co/VvhccTg2Ks
千葉市の昔の海岸線を歩く - J-Stage https://t.co/xpUjNiryJJ

収集済み URL リスト