著者
中川 光弘 宮坂 瑞穂 三浦 大助 上澤 真平
出版者
一般社団法人 日本地質学会
雑誌
地質学雑誌 (ISSN:00167630)
巻号頁・発行日
vol.124, no.7, pp.473-489, 2018-07-15 (Released:2018-08-18)
参考文献数
39

石狩低地帯の西方には支笏-洞爺火山地域が位置し,後期更新世から大規模な爆発的噴火が続いている.これらの噴出物は石狩低地帯に多数のテフラ層として堆積しており,古くからテフラ層序学・年代学に関する多くの研究が行われてきた.それらの結果,支笏-洞爺火山地域では約13万年前頃から洞爺火山で活動が開始し,その後にクッタラ火山,そして支笏火山と活動が波及し,カルデラ形成噴火が続発したこと,さらにそれらのカルデラ火山の活動に並行して,背弧側では羊蹄山や尻別岳の活動があったことが明らかになっている.今回の巡検では代表的な露頭を巡り,北海道の更新世および完新世の主要な指標テフラとテフラ層序を紹介するだけではなく,最近の研究成果による詳細な噴火履歴および代表的噴火の噴火様式についても議論する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (80 users, 81 posts, 56 favorites)

@masaradon 私もあのあたりの噴火史は詳しくないのですが、下記リンクの論文には「6万年前から活動を開始し、数千年間に3回の噴火を繰り返して、降下火砕物と火砕流堆積物を噴出した」とありますね。 https://t.co/t9Q78hnftp
あー、北海道の土砂崩れあまりにも普通のレベルじゃないと思って調べてみたらやっぱり地質の問題か(;´Д`) 同年代のものと思しき層が丸ごと滑り落ちた感じだったものね。 揺れの強さも石狩低地帯エリアがまるっと関係してるのか…。… https://t.co/6HWlx8GQGt
厚真町のテフラ層序の写真。中川さんによる地質学会巡検案内書2018年。この場所では露出してないが、この上に2万年前以降の軽石が4枚(厚さ3メートル)がのる。 https://t.co/Y5f7enKLJ3 https://t.co/CATOJ7CyAg

収集済み URL リスト