著者
成川 真隆 三坂 巧
出版者
一般社団法人 日本老年医学会
雑誌
日本老年医学会雑誌 (ISSN:03009173)
巻号頁・発行日
vol.57, no.1, pp.1-8, 2020-01-25 (Released:2020-02-18)
参考文献数
43
被引用文献数
6 2

日本は世界に先駆けて超高齢社会に突入した.日本の高齢化の特徴として,平均寿命と健康寿命の差が平均で10年にも及ぶことがあげられる.健康寿命を延伸させためのアプローチのひとつに,栄養バランスのとれた食事摂取があげられる.一般に老化に伴い,食事摂取量の低下や摂取品目の偏りなど,食事の質が低下してしまう傾向がある.食事の質の低下は体力低下を招き,次いで食欲の減退を招くという悪循環に陥る.したがって,食事の質を保つことは健康を維持する上で鍵になり得る.では,なぜ食事の質が低下してしまうのか?その原因として,老化による味覚機能の低下があげられる.しかし,老化によってなぜ味覚機能が低下してしまうのか,その詳細なメカニズムは不明である.本稿では,まず哺乳類の味受容機構について概説したのち,加齢依存的な味感受性変化の発生要因を検討した我々の取り組みについて紹介する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (10 users, 10 posts, 11 favorites)

https://t.co/fmU445HUKy ミネラル・サプリを毎日飲むようになって、 亜鉛不足が解消されたからかな? 数年前はカレーやシチューの市販のルーの味が薄く感じて、 塩を小匙半分位鍋に足してたんだよな 最近それやらなくても味は十分濃いとかんじてるから
年齢と共に味覚が変化する 味の情報伝達機構などが変わるのか 様々な原因で唾液が増減するのか 脳がおかしくなるのか そうだ、辛味へ移行 辛味は味覚じゃないから脳を勘違いさせれる これで口中調味も維持できる
@5ducks5 失禮します。どうやら人生の年輪を深めた大抵の大人たちは、苦味を甘味に變へる魔法が自然とかかる模樣です。御友人には『苦味は貴方を更なる甘味を誘ふらしい。今まさに君は新たな快樂の扉を開く鍵を手にしてゐる』とでもお傳へするとより喜ぶかもしれないとふと思ひました。 https://t.co/3vspnPPhXu
https://t.co/rRO58MiHij これのp3が根拠になるんかな https://t.co/bvMbXGfUI4
加齢による変化は、最近いろいろ調べられているようです。 嗜好の加齢による変化についてもどこかで読んだ覚えがありますが、個人の体験や文化的な背景とかもあるようで、興味深いです… https://t.co/aCGdpidAQB https://t.co/O0oMEoWwYb

収集済み URL リスト