著者
成瀬 厚
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
地理学評論 Series A (ISSN:18834388)
巻号頁・発行日
vol.86, no.5, pp.413-435, 2013-09-01 (Released:2017-12-08)
参考文献数
123

景観研究は多様化している.日本では工学分野を中心に景観は多分野で議論されている.英語圏地理学では,景観の視覚的側面を重視する歴史研究から現代芸術を対象とした動向がある.本稿では,遠近法主義の概念を歴史研究から整理するとともに,現代芸術を対象とした近年の景観研究を整理した.ドイツの画家リヒターに関する美学研究を参照することで,地理学への風景芸術研究の導入線とした.写真を模写するフォト・ペインティングという技法を用い,ぼかしや上塗りを施すことによって,彼の風景画は抽象画とも類似したものとなっている.そうした風景画を制作することによって,リヒターは因襲的な風景芸術をアイロニックに再現し,遠近法に基づく因襲的な見る方法に挑戦しているといえる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 5 posts, 5 favorites)

成瀬 厚「遠近法主義に抗う現代風景芸術 —芸術を対象とする景観研究—」https://t.co/ukvYF1Tlou 描写法と文化の関係について話していて教えてもらったやつ。読んでみる。 https://t.co/kr0aGZlJLb
@Naga_Kyoto 関連するか分かりませんが、これとか私はとても面白かったです(既読かもですが、、) J-STAGE Articles - 遠近法主義に抗う現代風景芸術 https://t.co/9rchq4CwNB
【地理学評論掲載論文】成瀬 厚 2013.遠近法主義に抗う現代風景芸術-芸術を対象とする景観研究-.地理学評論86A: 413-435.https://t.co/IfLg2yfPOf
これおもしろかった! 近代に獲得した「遠近法」という思考を軸に、この技法が基礎となる風景画をテーマにした論文。 「遠近法」の定義も面白いし、引かれている文献も面白そう。 「遠近法主義に抗う現代風景芸術 ——芸術を対象とする景観研… https://t.co/nc92FXFRql

収集済み URL リスト