著者
松沢 光雄
出版者
The Association of Japanese Geographers
雑誌
地理学評論 (ISSN:00167444)
巻号頁・発行日
vol.38, no.4, pp.260-269, 1965-04-01 (Released:2008-12-24)
参考文献数
5
被引用文献数
1

新宿繁華街は,国電線路の東側に発達している.西側にも,線路添の道路と線略の間に飲食店街1)があるが,本研究では,線路の東側だけを対象にした。新宿における線路の東側と西側との関係については,別な機会に論ずることにする. 新宿繁華街に関係のある研究には,副都心研究会の研究,今朝洞重美氏の研究2),杉村暢二氏の研究3),服部〓二郎氏の研究4)等がある.本研究は,これらの研究との重複を避け,実地調査の結果を整理し,それをもとに繁華街の構造を考察した. 一っの繁華街を他の繁華街と比較検討したり,繁華街と他の地域の関係を観るのでなく,新宿繁華街の内部の状態を観察して,その実態を把握し,都市生活において,繁華街が,いかなる役割を果しているかを知る手がかりをつくろうとしたものである. 本研究で新宿繁華街を選択した理由は,新宿繁華街では。北部に広い住宅地域をもっていて,繁華街浸蝕5)が極めてスムーズに進行し,繁華街としては,比較的自然な形をもっているものと思われるためである.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 3 favorites)

↑このまとめにあった【松沢光雄氏の新宿繁華街の論(1965) https://t.co/NaBlFXtcdc】 にある新宿繁華街の地域区分図には、区界を超えて<代々木域>がある。 厳密には千駄ヶ谷町だが、国鉄代々木駅の周囲域として… https://t.co/IwwRnWYeGW
松沢 光雄「新宿繁華街の構造」 http://t.co/6hSUqLy9sY

収集済み URL リスト