著者
加藤 典子
出版者
日本国際情報学会
雑誌
国際情報研究 (ISSN:18842178)
巻号頁・発行日
vol.5, no.1, pp.36-43, 2008-12-05 (Released:2016-01-01)
参考文献数
1

No legislative measures have been taken to help patients and families suffering from malignant and serious diseases for three main reasons:(1) The Japanese government was reluctant to pass laws from such legislative measures.(2) Patient groups were reluctant to have such laws due to apprehension about their disadvantages.(3) Although the Democratic Party of Japan worked to pass such laws, the political climate under the Koizumi cabinet did not allow politicians to deliberate on such bills, due to many political problems.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 5 posts, 3 favorites)

こちらは2008年に書かれた論文「なぜ今まで難病に関する法律が立法化されなかったのか」 古いのですがざっくりとした流れを把握するのに役立つと思います。 https://t.co/Yo7wdCNhCa
https://t.co/Yo7wdCNhCa
難病の法制度の経緯を理解するのに必要だろうと思われるものをツイートしてみます。 日本国際情報学会誌 2008 「なぜ今まで難病に関連する法律が立法化されなかったのか」加藤 典子 https://t.co/Yo7wdCNhCa
@nikkan_gendai 「なぜ今まで難病に関連する法律が立法化されなかったのか」2008年のものなので古いものではありますが民主党は難病対策に積極的であったとあります。 https://t.co/Yo7wdCNhCa

収集済み URL リスト