著者
小嶋 芳孝 中澤 寛将 稲垣 森太 高橋 一英 中村 和之
出版者
独立行政法人国立高等専門学校機構 函館工業高等専門学校
雑誌
函館工業高等専門学校紀要 (ISSN:02865491)
巻号頁・発行日
vol.51, pp.31-37, 2017 (Released:2017-01-31)
参考文献数
19

At the tomb of Aonae(青苗) site which is located in Okushiri(奥尻) island of Hokkaido, the Iron sword was found together with the accessory made of Jadeite, quartz and glass. In this time, we have carried out observation of the internal structure by X-ray Image Analysis apparatus in National Institute of Technology, Hakodate College. In this paper, we report on the results and considerations about the type and age of this iron sword.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 9 posts, 5 favorites)

@sec_kouan9 出土品の鉄器などは既にX線照射で時代特定もされています。 https://t.co/pcmfcD7jWo
@ganbareichiro51 @archerknewsmit 青苗遺跡に関しては既に科学的な結論が出ております。 https://t.co/pcmfcD7jWo
@ganbareichiro51 @archerknewsmit 本州人がいたことは科学的に証明されていますよ。 https://t.co/pcmfcD7jWo
瀬川拓郎は、奥尻島を『日本書紀』斉明六年(660)三月条にみえる「幣賂弁嶋」と想定した上で、青苗遺跡の墳墓は本州から渡ってきた古墳社会の人間の墓と捉えている。既に6世紀から7世紀の奥尻島は本州人の生活圏であった-北海道は元々日本の… https://t.co/knL8anae8T

収集済み URL リスト