著者
牧野 正直
出版者
日本ハンセン病学会
雑誌
日本ハンセン病学会雑誌 (ISSN:13423681)
巻号頁・発行日
vol.79, no.1, pp.25-36, 2010-02-01 (Released:2011-09-02)
参考文献数
18

本年(2009年)は、わが国においてハンセン病患者の公的機関への隔離・収容が開始されて丁度100年目にあたる。すなわち、政府は1907(明治40)年法律第11号「癩予防ニ関スル件」を公布し1909(明治42)年それを施行、放浪する患者の隔離・収容を開始した。 この小論で、わが国のハンセン病医療史において最も重要な事項の一つである、この法律の成立にかかわった医師、政治家、官僚がどのようなものであったかを検証した。するとこれは意外に少人数のエリート集団であり、一人ひとりが学閥・同門・同郷などといったしがらみで強く結びつけられていたことが明らかになった。 また、この法律は、二回の改正を経ながら89年間維持・継続されることになったが、この維持・継続のためには光田健輔を中心とした系類や光田イズムを信奉し続けた多くの療養所所長たちが浮かび上がって来た。 全療協が主張する「100年の“記念”でも“祝賀”でもなく“総括”である」という言葉を重く受け止めたい。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (117 users, 126 posts, 95 favorites)

牧野正直: ハンセン病の歴史に学ぶ Jpn J Lepr 79, 25-36(2010) https://t.co/NfRarpx9JW
@ShinHori1 https://t.co/hRMVg4Yf18 渋沢栄一と北里柴三郎は日本の優生思想に基づく「癩予防法」の立役者でもあります。戦前のこの法制度が戦後もハンセン病患者の迫害に続きます。 時代の制約があったといっても、見逃してはなりません。
https://t.co/hRMVg4Yf18 渋沢栄一と北里柴三郎は日本の優生思想に基づく「癩予防法」の立役者でもあります。戦前のこの法制度が戦後もハンセン病患者の迫害に続きます。 時代の制約があったといっても、見逃してはなり… https://t.co/uWRos4nH4Q
ハンセン病に偏見がなかったという渋沢栄一がらい予防法成立に果たしてしまった役割を考えると、新しい時代を作り出せるパワフルな人物の周辺にはバランス感覚を持った科学者が必要なのだと思いました https://t.co/2NymqGr8HJ
ハンセン病の歴史に学ぶ ーハンセン病療養所医療100年をふりかえるー 牧野正直https://t.co/FCBJpAPL5Y 「癩予防二関スル件」の成立(1907年)に如何に関与したか、光田健輔、北里柴三郎と渋沢栄一の3人が並べて挙げられている。
ハンセン病の歴史に学ぶ - J-Stage https://t.co/X8lrkMKrke 牧野正直 著 - 2010 光田イズムを信奉し続けた多くの療養所所長たちが浮かび上がって. 来た。 1)光田健輔・北里柴三郎・渋沢栄… https://t.co/BAI9rnEPSz
新札に採用される3人のうち2人も、人権侵害をしていた当事者とは⁈ なんの冗談! https://t.co/IWCQ3ympCO 政府、紙幣刷新へ 新1万円札は渋沢栄一 https://t.co/FBL5KpzUCP @sanspocomより
https://t.co/IWCQ3ympCO https://t.co/BJjcS1tkdE

収集済み URL リスト