著者
田中 春美
出版者
一般社団法人 日本高次脳機能障害学会
雑誌
高次脳機能研究 (旧 失語症研究) (ISSN:13484818)
巻号頁・発行日
vol.25, no.3, pp.207-214, 2005 (Released:2007-03-01)
参考文献数
3
被引用文献数
1 1

みずからの経験をもとに, 日本高次脳機能障害学会会員の言語聴覚士と学会へいくつかの提言をした。言語聴覚士へ : (1) 経験年数が同じくらいの仲間と症例検討を行う, (2) ありのままの症状を検討する, (3) 自分たち自身で考え工夫して専門性を高める, (4) 学会で良い発表や良い質問をして, 学会の発展に寄与する。学会へ : (1) 高次脳機能障害を対象とする専門家の認定をしてほしい, (2) 医師も興味を持つ内容の講習会を開催してほしい, (3) 学会総会での発表会場を減らして2つにしてほしい。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (40 users, 41 posts, 224 favorites)

読了。 STのみならず、PTにもOTにも必要なことだった。 自分で考え抜ける臨床力 バイアスがかかってしまうので、ありのままを捉える必要性 1人では難しいので仲間を 仲良しこよしじゃ、対象者さんのためにならない 職場でやるべきこ… https://t.co/x2DSoWr3MA
https://t.co/qCcCpQtnwg
療法士としてのあるべき姿が、ここに全て書かれている、と私自身は思っている。何度読んでも背筋が伸びる思いになる。 https://t.co/qwPVs3aNpR

収集済み URL リスト