著者
森山 梅千代 浜 雄一郎
出版者
一般社団法人 日本高次脳機能障害学会
雑誌
高次脳機能研究 (旧 失語症研究) (ISSN:13484818)
巻号頁・発行日
vol.31, no.2, pp.212-221, 2011-06-30 (Released:2012-07-01)
参考文献数
23

発症から 8 ヵ月を経過している発語失行および口腔顔面失行を伴う重度運動失語例 (46 歳男性) に,失語症訓練と構音訓練を 4 年経過時まで (実質 3 年間) 実施した。訓練内容および経過を示し,標準失語症検査 (以下 SLTA) および〈発語失行症〉話しことばの評価票,単音節 (109 音節) 検査によって言語機能および構音能力の推移を評価し検討した。その結果,初診時と4 年経過時とを比較すると,SLTA の「話す」「書く」項目と,会話明瞭度の得点が上がり,随意的に構音可能な音が増加した。意思伝達手段はゼスチャーと描画から発話と書字に改変した。SLTA の成績等の経過から,表出面の回復は 1 年を経過した頃から始まり,4 年経過時にも継続しており,回復は長期にわたることが示された。このことから,40 歳以上の重度運動失語例であっても,訓練効果は発症後短期間にのみ見られるのではなく,長期にわたることが示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 13 favorites)

発語失行・口腔顔面失行を伴う重度失語症例、訓練は難渋するだろうけど長期に見て回復するんだなあ。STも症例もすごい。でも今、口形を見せて模倣させる訓練が難しいから、どうするのがいいんだろうなぁ… https://t.co/jLZHgJUHzC

収集済み URL リスト