著者
小林 康孝 筒井 広美 木田 裕子 大嶋 康介 富田 浩生
出版者
一般社団法人 日本高次脳機能障害学会
雑誌
高次脳機能研究 (旧 失語症研究) (ISSN:13484818)
巻号頁・発行日
vol.32, no.4, pp.581-589, 2012-12-31 (Released:2014-01-06)
参考文献数
20

軽度外傷性脳損傷 (MTBI) は, 診断が困難な故に診断までに時間を要する。MTBI による高次脳機能障害の場合, さらにその診断は困難で時間を要し, 発症早期のリハビリテーションを受けずに病院を渡り歩く症例が多い。今回, MTBI により高次脳機能障害を来した 3 例をもとに, その問題点を検討した。症例 1 は, 診断までに時間を要し, 十分なリハビリテーションを受けられなかった。また病態に対する家人の理解が不十分であることが, 本人の負担を重くしていた。症例 2 は身体症状の訴えが多く, 十分なリハビリテーションを行えなかった。また, 自賠責保険の等級認定に関する裁判を抱えている。症例 3 は神経心理学的検査結果からの客観的所見はないが, 記憶障害等の自覚症状が強く, ドクターショッピングを続けた。3 症例とも頭部 MRI 上は明らかな異常を認めなかった。今後 MTBI による高次脳機能障害者への支援を進めるには, 病態の解明, 医療従事者の理解, 画像診断の進歩が望まれる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 6 posts, 2 favorites)

MTBI の問題点の一つに,障害認定に係る裁判上の問題がある。裁判所は自賠責保険の判断に追随する傾向があり,その自賠責保険では画像診断を重視するため,結果として,意識障害が軽く画像で明らかでない症例は,高次脳機能障害と認定されるこ… https://t.co/5XcqaJVxXF
がんばってほしい / "今後 MTBI による高次脳機能障害者への支援を進めるには, 病態の解明, 医療従事者の理解, 画像診断の進歩が望まれる。 " http://t.co/dcM7X2Sqwx
軽度外傷性脳損傷により高次脳機能障害を来した 3 症例https://t.co/qcbjta1BLN
文献見つけました。。。。「軽度外傷性脳損傷により高次脳機能障害を来した 3 症例」、、[PDF]https://t.co/yYK4lSw0ie

収集済み URL リスト