著者
梅田 聡
出版者
一般社団法人 日本高次脳機能障害学会
雑誌
高次脳機能研究 (旧 失語症研究) (ISSN:13484818)
巻号頁・発行日
vol.36, no.2, pp.265-270, 2016-06-30 (Released:2017-07-03)
参考文献数
25

情動に関する神経科学的アプローチによる研究は, 近年, 急速に発展しており, その背景にあるメカニズムについて, さまざまな事実が明らかにされつつある。情動のメカニズムを理解するうえで特に重要な点は, (1) 情動は, 精神活動と脳活動だけでは捉えきれず, 自律神経を介した身体活動に着目する必要があること, (2) 脳活動について検討する際, 関連する脳部位レベルの局在論に限定せず, ネットワークとして理解すべきであること, の 2 点である。本稿では, 情動に関連する概念についてまとめ, 関連する脳部位とネットワークの機能に焦点を当てる。そして, 共感という側面から, 各ネットワークがどのように関与しているかについて考察する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 4 favorites)

情動を生み出す「脳・心・身体」のダイナミクス: 脳画像研究と神経心理学研究からの統合的理解 https://t.co/wUNdQSSeBA
共感にも「認知的共感」と「情動的共感」2種類あるし さらにそれを「行動的共感」「主観的共感」「身体的共感」の3種類に分化出来るらしい 一般に感情的であると言われる人は情動的共感が発達してるようだ。 てか哲学に飽きたからか、今度は神… https://t.co/IUjYmW6Zkf

収集済み URL リスト