著者
海野 聡子
出版者
一般社団法人 日本高次脳機能障害学会
雑誌
高次脳機能研究 (旧 失語症研究) (ISSN:13484818)
巻号頁・発行日
vol.37, no.3, pp.260-266, 2017-09-30 (Released:2018-10-01)
参考文献数
29

1953 年, 長年てんかん発作に苦しんでいた27 歳の男性に, 両側の側頭葉内側部を切除する実験的な手術が行われた。手術は成功し, 発作は軽減したが, 重篤な記憶障害となった。1957 年, この症例が発表された当時, 記憶は脳に局在を持つとは考えられていなかった。この結果は, 記憶が脳の機能の 1 つであり, 側頭葉内側部が記憶に重要であることを示した。本症例の今日的意味は, たった 1 人の患者が, 当時の常識を覆し, 記憶システムの解明をもたらしただけでなく, さらなる探求の端緒となったことである。症例H. M. として, この男性は神経心理学史に永遠にその名を刻まれることとなる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 2 posts)

脳機能局在の確認には、いくつもの方法があるようです。 私が知っているのは、 1.脳に電極を刺して電気刺激する方法; 難治性てんかん患者の脳手術の時に、言語中枢など重要な部位の切除を避けるために電気刺激して、切除部位の範囲を確認することがあります。 この時に、患者の了解を得て、いくつかの脳部位を電気刺激して脳機能の局在のチェックをします。(まあ、昔は、患者の了解というのがどの ...
海馬は、エピソード記憶形成には必須のようです。 想起についても重要なようですが、異説もあるみたいです。 難治性てんかん治療のため、両側の海馬のほぼ全域(極く一部残存)を含む側頭葉切除した、M.H. の症例研究が有名です。 (参考) 『ぼくは物覚えが悪い』海馬を失った男は、永遠に続く30秒を生きた スザンヌ・コーキン (著), 鍛原 多惠子 (翻訳) 忘れが ...

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

https://t.co/MdB4uMJqlo 「新皮質から,事象(item)に関わる情報は嗅周皮質を経て,状況(context)に関わる 情報は海馬傍皮質に入力され,嗅内皮質に収束して 海馬へ入力があり,海馬体で事象情報と状況情報が 連合される。出力はこの経路を戻り,海馬体と新皮質は相互に連絡があると仮定されている」

収集済み URL リスト