著者
鈴木 三男 小林 和貴 吉川 純子 佐々木 由香 能城 修一
出版者
日本植生史学会
雑誌
植生史研究 (ISSN:0915003X)
巻号頁・発行日
vol.26, no.2, pp.79-85, 2017 (Released:2021-03-17)

A cloth bag of the early modern Edo period (the latter half of the 18th century) was excavated from the road remains of the Minamimotomachi site, Shinjuku, Tokyo. This bag contained stems and leaves of plants. The material of the cloth bag was anatomically identified as fibers of the hemp (Cannabis sativa L.). From the plant morphological and anatomical studies, the contents of the bag were identified as stems and leaves of the tea plant (Camellia sinensis (L.) Kuntze). These results agree well with the description in the historical literature that, during the Edo period, commoners drank tea by boiling tea leaves in hemp bags in a pot.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 4 favorites)

#考古学のおやつ 2/2 →cf. 鈴木三男、小林和貴、吉川純子、佐々木由香、能城 修一 「東京都新宿区南元町遺跡から出土した布袋に入った江戸時代の茶」植生史研究 2017年 26 巻 2 号 79-85 [J-STAGE (@jstage_ej)] https://t.co/lTeKxSaWFm
2021年3月17日 #考古学のおやつ 1/2 #東京都 #新宿区 ・ #南元町遺跡 (みなみもとまちいせき)から出土した #江戸時代 ・18世紀後半の布袋は麻製で、中身は茶の茎と葉。江戸時代に庶民が麻袋に入れた茶を煮だしていたという記録に合致。→ [J-STAGE (@jstage_ej)] https://t.co/lTeKxSaWFm

収集済み URL リスト