言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (24 users, 25 posts, 53 favorites)

これを見ながら怪文書を書きました https://t.co/occZ5vA54L https://t.co/ytD63tXhwB
「敗戦後のことを考えて」まぁ、統治する側は色々わかってるわけだわ。勿論一般市民にはそんなこと言えないよね。「温存」聞こえはいいけど一般市民からしたら、たまったもんではなかっただろうね。あんなに敵性語ガーってやんのやんのされてたらしいのに。 https://t.co/oL6wyFKLXY
旧海軍兵学校の英語教育。当時の日本海軍の英語力はそれなりに高かったようで、"外国語ニ対スル「センス」ノ養成", "日本語置換訳ハ百害アリ"という教育方針 海軍スタイルが続いていれば日本人の英語力も全体的に今より高かったのでは https://t.co/Mt9OOmBynG
https://t.co/ACH5VGsnMA
@takuramix 実際には敵性語の排斥は自主規制であって、学校でも英語教育は続けられていた、ただ教員の確保に問題があり休止となることが多かったと聞きます。 また軍では士官教育に外国語(海軍の場合、範をとった英国の英語)が教育されていたと言うことはここにも書かれています。 https://t.co/m2dXpo8GLv
こういう話もあるのか 「敗戦を予測して若い生徒たちを戦後復興のための人材として 「温存」し、英語を含む普通学を可能な限り重視した可能性は否定できない。事実、沖縄水上特攻出撃の前日には戦艦大和などから兵学校などを卒業 したばかりの士官候補生が退艦を命じられ」 https://t.co/YpSoiEao3t
ほんと必要ですよね。 陸軍に徴兵された祖父は上官の許可を得て戦地でも英語勉強してたし(終戦後の捕虜生活で英語話せて良かったと言ってた)、もう片方の祖父は海軍兵学校で英語勉強してた。(あとドイツ語も?) 参考資料→ https://t.co/YpSoiDTl1t https://t.co/dRm7Ne0qcq
@kijibato_hato 海軍の英語教育についてはこちらに調査結果がまとめられております。兵学校では最後まで英語教育が行われ、敗戦後に教科書やノートの焼却が命じられているようで。 https://t.co/JM4YQ0k5t7
@kijibato_hato https://t.co/cLP4AXtFrF この先生の論文で裏付けられた話ですね(NHK出版から本も出ています)。 https://t.co/WCv8eWfOyD
@jj1lfc 海軍では 「外国語一つもできないような者は海軍士官 には要 らな いhttps://t.co/DCmS8PgYHn 陸軍でええか?
@May_Roma 海軍終焉期の英語教育 https://t.co/bQTxhCtOhp 海軍兵学校は「外国語一っ もできないような者は海軍士官には要 らない」 という賢明な井上成美校長の方針で終戦まで英語を課し続けた。 敗戦を見越しての優秀な人材の育成と温存が、密かな目的とも言われ、事実、復興の為の人材を多く送り出すことに… https://t.co/bEePP1HQWt
第二次大戦末期になると、生徒が終戦後に軍隊以外で働く・学ぶにあたって不利にならないように海軍の学校で「英語を含む普通学が重視されたといわれる。」というの、意外すぎる。 極度な頭こちこちではなかったんだな。 https://t.co/rJHoM0a1mW https://t.co/HHGIWkS3zA
@May_Roma 少しでも、参考になれば幸いです! 「海軍終焉期の英語教育」 https://t.co/p1I5ysIy2e

収集済み URL リスト