著者
早矢仕 有子
出版者
一般社団法人 日本生態学会
雑誌
保全生態学研究 (ISSN:13424327)
巻号頁・発行日
pp.2036, (Released:2022-04-15)
参考文献数
31

絶滅危惧種シマフクロウ Ketupa blakistoniに対する国の保護増殖事業は、 1984年の事業開始時から一貫して生息地を非公開とすることで、バードウォッチャーや写真撮影者の接近がシマフクロウの採餌や繁殖に悪影響を及ぼす危険性を回避しようとしてきた。しかし、接近が容易な一部の生息地では次第に人の入り込みが増加し、とくに 2010年代に急増した。シマフクロウを餌付けして観察や撮影の場を提供している宿泊施設も複数存在し、生息情報が拡散し続けている。インターネット上に公開されているシマフクロウの写真を掲載した個人のブログを検索すると、 47.4%に撮影地が明記されており、シマフクロウが見られることを宣伝材料にしている宿泊施設で撮影されていた。これら 4軒の宿泊施設のうち 3軒はシマフクロウを餌付けしており、残りの 1軒は、宿を取り囲む国有林で採餌や繁殖している個体を見せていた。インスタグラムでは 55.1%の投稿で撮影地が記載されており、そのすべてがシマフクロウを餌付けしている宿であった。ブログに掲載されている写真の 87.3%は夜間に撮影されており、光源にはストロボあるいは宿泊施設が撮影や観察のために設置した照明を使用していた。昼間に自然光の下で撮影された写真は全体の 12.7%で、そのうち 32.9%は飛翔能力の未熟な巣立雛とそれを守る親鳥に接近して撮影していた。野生個体の生息地訪問者は、動物園でシマフクロウを見るガイドツアーに参加していた来園者と比較すると北海道外に居住する年長の男性が多かった。国の保護増殖事業内容についての認知度を比較すると、野生個体生息地の訪問者は、生息地で実施されている保護施策への知識があり、逆に動物園来園者は、飼育下で実施されている保護施策をより知っていた。さらに、野生個体生息地訪問者は、動物園訪問者よりも撮影や観察にまつわる行為がシマフクロウに及ぼす影響を小さいと考える傾向があり、とくに餌付けを問題視しない者が多数を占めた。本研究結果より、現状のシマフクロウ野生個体の観光利用については以下の問題点が導き出された。すなわち、 1)生息地情報の拡散、 2)餌付け、 3)人工照明の使用、 4)人工的環境への馴化、 5)保護増殖事業との軋轢、である。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

Twitter (625 users, 671 posts, 1377 favorites)

https://t.co/rR3x4FBS5Z
『野生個体生息地訪問者は、動物園訪問者よりも撮影や観察にまつわる行為がシマフクロウに及ぼす影響を小さいと考える傾向があり、とくに餌付けを問題視しない者が多数を占めた。』 https://t.co/QJ5uINycBQ
これは看過できないこと。 絶滅危惧種シマフクロウを対象とした写真撮影者の特性および観光利用における問題点 https://t.co/BB8w0ZtWJ6
絶滅危惧種シマフクロウを対象とした写真撮影者の特性および観光利用における問題点 https://t.co/8XTA5jiQCc
#シマフクロウ #動物写真 #野生動物 #写真 https://t.co/kuYhtFjhdQ
“絶滅危惧種シマフクロウを対象とした写真撮影者の特性および観光利用における問題点” (2 users) https://t.co/xja8oF0c7A
絶滅危惧種シマフクロウを対象とした写真撮影者の特性および観光利用における問題点 https://t.co/II2qCenycP
J-STAGE Articles - 絶滅危惧種シマフクロウを対象とした写真撮影者の特性および観光利用における問題点 https://t.co/GzlJJrlLzG 私も以前、野鳥関連のブログをやってましたが、超望遠レンズで長時間撮影する事は、野鳥に想像以上の恐怖心を与えます。また、撮影地をSNSに書くのはやめた方が良い。
あなたの、わたしの、投稿内の写真がこのような検証材料になります。 撮った時の状況も残された写真も、誇って人前に出せるものなのか? 分析されて恥じることなくいられるのか? こういった研究、論文により心に留める人が増えるといいですね。 https://t.co/r5xnlEcDTJ
これは意識していない人が多そう。 「バードウォッチング」は...対象種を傷つけない非消費的なレクリエーション活動とみなされているが、鳥類に対して必ずしも無害というわけではなく(Şekercioğlu 2002)、その影響が過小評価されている恐れがある(Slater et al. 2019) https://t.co/wZsfGRxG5v
数軒の宿がシマフクロウを餌付けし、それが生息地あるいは確実に撮れる場所とて拡散しまた客が集まる、というサイクルが生まれているようです... https://t.co/x2RWTgnp9A
Abstract読むだけでも、根深い問題がある。動物園での環境教育も、生息地環境より飼育下環境に偏っているのね。 J-STAGE Articles - 絶滅危惧種シマフクロウを対象とした写真撮影者の特性および観光利用における問題点 https://t.co/qTzE7jzxJ4
絶滅危惧種シマフクロウを対象とした写真撮影者の特性および観光利用における問題点。早矢仕 2022 (日本語論文、オープンアクセス) https://t.co/mkxPy0S2ln 要旨を読むだけでも、驚くべきことがたくさん書かれています。なかなか問題は根深いようですね… #論文紹介
#シマフクロウ 野生個体の観光利用の問題点 1)生息地情報の拡散 2)餌付け 3)人工照明の使用 4)人工的環境への馴化 5)保護増殖事業との軋轢 絶滅危惧種の保護増殖事業が継続できないような悪質な行為があったなんて

収集済み URL リスト