著者
福田 拓哉
出版者
九州産業大学 人間科学会
雑誌
人間科学 (ISSN:24344753)
巻号頁・発行日
vol.2, pp.107-113, 2020 (Released:2020-03-27)
参考文献数
7

本研究は,プロスポーツの試合観戦者調査において,質問紙をタブレットPCに置き換えることで生まれるメリットとデメリットを明らかにするものである。費用,雨天時,電波環境といった対応すべき課題が見つかったものの,調査精度の向上,調査員の負担軽減,調査結果の即時的な報告とデータ共有,各種作業の省略という効果が得られた。それにより,調査全体に要する時間を従来から55.5%削減することができた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 13 favorites)

【観戦者調査のデジタル化】 紙の調査と比較して、時間を55.5%削減できることが分かりました。 3月末に発行した実践報告論文です。 ご興味あればご参考まで。 https://t.co/mRk2uXJLk4 https://t.co/bHLw2KQZK2
スタジアム観戦者調査のデジタル化: 質問紙調査との比較からみたメリットとデメリット https://t.co/K1j1DAhHR1 ※PDF

収集済み URL リスト