著者
木下 修一
出版者
一般社団法人 日本画像学会
雑誌
日本画像学会誌 (ISSN:13444425)
巻号頁・発行日
vol.50, no.6, pp.543-555, 2011-12-10 (Released:2011-12-13)
参考文献数
31

構造色は自然界に広く分布していて,進化の過程で獲得したさまざまな微細構造は,フォトニクス技術の先取りとして強い関心を持たれている.構造色は,光のエネルギーをまったく失うことなく発色するので,最高にエネルギー効率の良い発色法であり,また,重金属を用いないことから環境にもやさしい発色法として注目されている.ここでは,構造色に関連したさまざまな光学現象,すなわち,薄膜干渉,多層膜干渉,フォトニック結晶,回折格子,光散乱について概説し,特に,発色機構との関連について述べていく.また,自然界での構造色の一般的な法則を明らかにし,生物における構造の多機能性についても述べる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 2 favorites)

https://t.co/gOXxqpxnfz
Thinking of Structural Colours Artwork: Atsuo Hashimoto Colors Due to Different Coloration Mechanisms-Structural Colors- https://t.co/O6TfPPXWCt Making chocolate colourful https://t.co/7xqnQIwh8a https://t.co/iNiNAswRbc
https://t.co/nNfWAPCxCP 後で読むかもメモ
https://t.co/SNvIvdlBmm 励起して光るものもあるようですね。 光の吸収が色素 吸収でなく散乱が構造色、なのかな。 黒は特別の感がある。 https://t.co/kegn3INoRj

収集済み URL リスト