著者
沼田 耕介 高橋 章 松尾 吉章
出版者
一般社団法人 映像情報メディア学会
雑誌
テレビジョン (ISSN:18849644)
巻号頁・発行日
vol.23, no.8, pp.634-639, 1969-08-01 (Released:2011-03-14)
参考文献数
7

スポラディックE層からの反射によるテレビ第1チャネルの電波は, 6~7月に異常伝搬として1000~2000kmの伝搬を起こし, 各テレビ中継放送局の受信アンテナに入り, 妨害波となり, 大きな影響を与える.これを防止するため, 20m×16mのパラボラアンテナを建設し, その効果を測定した.その結果, 約40dBの抑圧効果があり, 現在良好な受信を行なっている.その他, 定常的妨害波の除去方法についても述べる.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (17 users, 20 posts, 12 favorites)

@chibanao1972 @sakkurusan 「テレビジョン第1チャネル用パラボラアンテナの妨害波抑圧特性」[pdf file] https://t.co/iTfzo5nT8B
・ ・)♪ . 。〇( Es層反射由来の1chの妨害波をあえて受信して逆相で相殺とか… 何度読んでも面白いHBCテレビの技術資料… ⇒ 「テレビジョン第1チャネル用パラボラアンテナの妨害波抑圧特性」[pdf file] https://t.co/iTfzo5nT8B
・ ・)♪ . 。〇( HBCテレビ帯広局6chが,手稲山の札幌局1chを受信して中継していた時代の資料… 「テレビジョン第1チャネル用パラボラアンテナの妨害波抑圧特性」[pdf file] https://t.co/iTfzo5nT8B

収集済み URL リスト