著者
長谷川 政智 森 晃 藤本 泰文
出版者
公益財団法人 宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団
雑誌
伊豆沼・内沼研究報告 (ISSN:18819559)
巻号頁・発行日
vol.10, pp.59-66, 2016 (Released:2017-04-07)
参考文献数
10
被引用文献数
4

宮城県北部の河川・水路ならびにため池で2014~2015年に淡水エビ類の分布調査を実施した.調査の結果,在来種のスジエビPalaemon paucidens に酷似したエビを確認し,同定したところ,その形態的特徴から,外来種のPalaemonetes sinensis であることを確認した.今回,2箇所の調査地でP.sinensis の生息を確認し,再生産して定着していることも確認した.宮城県においてP.sinensis の発見とその定着を確認した報告は初めてである.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 5 favorites)

https://t.co/hBTQAvUPO1 https://t.co/ZkFkCxs3MX これだ。 淡水エビ分かるようになればため池でも河川でも解像度あがるな。、 来年の課題。
@oiljO5z9KgfEXgz 詳しい見分け方です https://t.co/x2uugshO8Z
@YSK_TGS 突然失礼します あまり自信はないのですが、写真左側にいるスジエビは、外来のチュウゴクスジエビPalaemon sinensisであるような気がします https://t.co/mOJBvlS8Vw

収集済み URL リスト