著者
土屋 敦
出版者
日本生命倫理学会
雑誌
生命倫理 (ISSN:13434063)
巻号頁・発行日
vol.17, no.1, pp.190-197, 2007-09-20 (Released:2017-04-27)
参考文献数
10

本稿の目的は、1960年代半ばから1970年代初頭にかけて全国地方自治体で展開された「不幸な子どもの生まれない運動」の内実及び、この「障害児」の出生抑制政策がこの時期興隆した社会構造的要因を明らかにすることを通じて、そこにこの時期日本社会における優生政策の再興隆の契機が存在したこと、そしてこの運動が日本の優生政策上の一つの転換点を画する運動として存在した事実を跡付けることを目的とする。また、同時期に、この政策が導入された社会的土壌及び「障害児」の出生抑制が「必要」とされた同時期の社会構造的要因を明らかにすることにある。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 11 posts, 0 favorites)

「不幸な子どもの生まれない運動」と羊水検査の歴史的受容過程 : 「障害児」出生抑制政策(1960年代半ば-70年代初頭)興隆の社会構造的要因 https://t.co/of4uyGPZh5
「不幸な子どもの生まれない運動」と羊水検査の歴史的受容過程 : 「障害児」出生抑制政策(1960年代半ば-70年代初頭)興隆の社会構造的要因 土屋 敦 https://t.co/aaoTZrA3oa (スタートは兵庫県で全国に広がったようです)
「また、上記の須川の言明にもあるように、社会保障費負担における障害児の施設 コストもこの時期「不幸な子どもの生まれない運動」内部で盛んに言及された論点 の一つで あっ た。 https://t.co/QxIxChULDN
「この「不幸な子どもの生まれない運動」の開始は1966年5月に金井 元彦知事の下で兵庫県で開始された施策に端を発するが、その後わずか4年余りの間に兵庫県その他の先行県の施策を「モデル」としな がら、それが全国的な運動としての展開をみせることになる 。 https://t.co/QxIxChULDN
「不幸な子どもの生まれない運動」と羊水検査の歴史的受容過程 一「障害児」出生抑制政策(1960年代半ば一 70年代初頭)興隆の社会構造的要因 一 | 土屋 敦氏(東京大学大学院博士課程) https://t.co/QxIxChULDN #旧優生保護法 #優生思想
「不幸な子どもの生まれない運動」と羊水検査の歴史的受容過程 : 「障害児」出生抑制政策(1960年代半ば-70年代初頭)興隆の社会構造的要因 https://t.co/HSaFQT1xLX
土屋 敦 (2007) _生命倫理_ 17(1):190-197 / “「不幸な子どもの生まれない運動」と羊水検査の歴史的受容過程 : 「障害児」出生抑制政策(1960年代半ば-70年代初頭)興隆の社会構造的要因” https://t.co/CbHnZZe26e

収集済み URL リスト