著者
土屋 貴志
出版者
日本生命倫理学会
雑誌
生命倫理 (ISSN:13434063)
巻号頁・発行日
vol.4, no.2, pp.125-129, 1994-10-20 (Released:2017-04-27)

オーストラリアの哲学者ピーター・シンガーは選好功利主義に立って、重い障害をもつ新生児の安楽死を擁護するが、この主張はドイツ語圏の人々に、ナチスの「安楽死」の苦い記憶を想起させることになった。シンガーを招いたシンポジウムは障害者を中心とする広汎な抗議行動のために軒並み中止に追い込まれ、ドイツのマスコミはシンガーを「ファシスト」呼ばわりした。攻撃はさらに生命倫理学や応用倫理学、果ては分析哲学全般にまで飛び火し、これらの分野の研究者は学問的生命すら危ぶまれている。日本国内にも、バイオエシックスを弱者を切り捨て生命操作を押し進めるためのイデオロギーとみなす見方が一部にある。「シンガー事件」は、バイオエシックスの本質と意義を再考し、今後の日本の生命倫理学のあり方を考える上で、看過できない重大な問題を提起している。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (9 users, 11 posts, 0 favorites)

「反生命」でggった結果見つけた短い論文を読むなどした https://t.co/YvXaVrg0vs
@Sz73B 実際功利主義的ヴィーガニズムの大家であるP.シンガーが「重度の障害を持って生まれてくる新生児は生きている分だけ苦痛が増すので速やかに殺した方がいい」と言って障害者団体からナチ野郎とボロクソに叩かれてましたね。 https://t.co/YWPSMvKL1I
@okae これとかすごく深いですよね。私はそれでも、人はみな平等と考える立場を支持しますが、異論はありうるのかもしれない。ただそれを法律にするのはさらに困難かも、と。 (あと、あらゆる時期の妊娠中絶に殺人罪を発動できるようにすべ… https://t.co/gYIHqpDsBs
@okae 安楽死とかに少し関連するかもなので。ここから見れる論稿とか思考に役にたつかもです。 https://t.co/2WvfT9DUVc
@urumalaw 全く関係ない話ですが、人工妊娠中絶の話で議論しましたね。 ご存知だったら申し訳ないですが、「こういう視点もあるのか」というとこでこれは良いかもしれません。(受け入れがたい見解かもしれませんが、学者それ自体への人… https://t.co/cO72PtckdF
「種差別か、しからずんば能力差別か?」(土屋貴志)っていう面白いタイトルの論文があって、それ自体はオープンアクセスにはなっていないのだけれど、その要約・改稿の「「シンガー事件」と反生命倫理学運動」は↓で読める。 https://t.co/odv6CdyRsp
ピーター・シンガーの発言を巡って大変なことになったことがあります。この点について自分はシンガーを支持しません。 ↓ 「シンガー事件」と反生命倫理学運動(第 5 回学術大会発表原著) https://t.co/Nomat1SoHO

収集済み URL リスト