著者
大野 正英
出版者
日本経営倫理学会
雑誌
日本経営倫理学会誌 (ISSN:13436627)
巻号頁・発行日
vol.19, pp.241-253, 2012-01-31 (Released:2017-08-08)

'Sanpo-yoshi (three parties good)', which means 'good for the seller, good for the buyer, good for the society', is usually regarded as the word which expresses the management philosophy of Omi merchants. In this paper, I revealed that it was not historic word and the first use of the word could be found in the moral theory of Dr. Chikuro Hiroike. He claimed that we should give sufficient moral considerations to the interests of the third parties, as well as of one's own and of the partner. This concept can be interpreted as a Japanese style stakeholder approach.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 8 posts, 11 favorites)

えええっそうなの >近江商人の理念として「三方よし」として登場するのは昭和の末期であり、江戸期や明治期には存在していなかった。 「三方よし」の由来とその現代的意味 https://t.co/ykRE2QV4Jt https://t.co/eywGnsvwB9
@fuqu_8 「実際には「三方よし」が近江商人の理念として登場するのは、/小倉榮一郎/(故人)が/1988)に出版した『近江商人の経営』が最初であり、それ以前に/関連の文献には登場しない。 これに対して麗澤大学の創立者/廣池千九郎は〜」 大野正英2012 現 麗澤大教授(当時 准教授)https://t.co/FIZbeM9DMK https://t.co/DF6PSbvghE

収集済み URL リスト