著者
中澤 高志
出版者
The Japan Association of Economic Geography
雑誌
経済地理学年報 (ISSN:00045683)
巻号頁・発行日
vol.62, no.4, pp.285-305, 2016-12-30 (Released:2017-12-30)
参考文献数
69

「地方創生」論の特徴は,人口減少による「地方消滅」と東京の「極点社会」化という終局を回避する手段として,大都市圏から地方圏への人口の再配置による出生率向上を重視している点にある.とりわけ東京は,世界都市にふさわしい競争力を保持すべきとされ,その足かせになりかねない高齢者もまた,地方圏への移住が推奨される.そこには,東京を国民経済推進のエンジンとして,地方圏を子育てと高齢者医療・介護というケアの空間として,それぞれ純化させる論理が潜んでいる.「地方創生」論において,地域は国民経済や人口を量的に維持・拡大するための装置とみなされ,地域間格差の是正という社会的公正に対する意識は欠落している.     「地方創生」論の批判的検討を踏まえ,本稿では,ライフコースを通じた自己実現の過程における制約と機会という観点から地域間格差をとらえ直す.自己実現のための諸機会の多くは土地固着的であるため,いかなる地域政策をもってしても完全な地域間の均衡化は達成できない.したがって,住み続ける自由に加えて,移動の自由をも含めた地理的制約からの自由の拡大を目指すべきである.本稿では,カール・ポランニーの議論を敷衍し,資本主義社会に生きる者にとって不可避な「権力と市場」の空間的形態として,地域構造を認識する.そして,社会的自由の拡大という基準に照らしてより望ましい地域構造を構想することが,地域政策論の目的となり,理念となると論じる.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

地方創生の目的論

Twitter (24 users, 27 posts, 9 favorites)

@Library_Yasu @spring_sunfield 現行の国家体制は人間を数値として扱うことしかできない、だが個人がそれに従う理由は無く、むしろ数値から捨象されるものを取り戻すことで社会的公正が達成される訳で…参考→中澤高志(2013):「「地方創生」の目的論」,『経済地理学年報』Vol.62,No.4,pp.285-305. https://t.co/KMBLfAaZgk
J-STAGE Articles - 「地方創生」の目的論 https://t.co/zLp0sM5k96 中澤先生のやつ

収集済み URL リスト